北見芸術文化ホール > 催し物 > 令和3年度北見市民ホール自主文化事業 >
劇団PATHOS PACK 「永遠ノ矢=トワノアイ」

劇団 PATHOS PACK
永遠ノ矢=トワノアイ
 劇団名であるPATHOS PACK(パトスパック)は、「PATHOS」が“感情”や“情念”、「PACK」が容れ物を意味しています。人の情から、生きていることの不確かさと実存を見つめていこうという思いを込めて名づけられた名前です。劇団創立12年目、宇梶剛士による31作目の作品は、宇梶自身のルーツのひとつである北海道を舞台に描きます。タイトルである『永遠ノ矢=トワノアイ』の“アイ”は、アイヌ語で矢を意味する言葉でもあります。遠い昔、北の大地がアイヌモシリと呼ばれていた時代に思いを馳せながら、現代を生きる青年の物語。

 作・演出:宇梶剛士
出演:宇梶剛士  金井良信  平野貴大  岡田優  ほか
 公演終了
開催日 2021年7月7日(水)
開 演 19:00 (開場18:15)
会 場 北見芸術文化ホール 中ホール
入場料
<指定席>
一     般/前売3,000円 (当日3,500円)
高校生以下/前売  500円 
(当日  800円)
※未就学児入場不可。
※前売券が完売した場合、当日券はありません。



北見芸術文化ホール 中ホール

問合先: 北見芸術文化ホール TEL0157-31-0909
 


令和3年度北見市民ホール自主文化事業

劇団PATHOS PACK「永遠の矢=トワノアイ / リアル恐竜ショー「恐竜パーク」
 
朗読劇 この子たちの夏1945・ヒロシマ ナガサキシエナ・フォレストコンサート
「吹奏楽のひびき」公開収録 / ルパンジャズライブ  肝付黎ヴァイオリン・リサイタル