北見芸術文化ホール > ボランティア友の会

北見芸術文化ホール・ボランティア友の会

北見芸術文化ホ−ルの開館とほぼ同時期に発足した「北見芸術文化ホール・ボランティア友の会」は当ホールの自主文化事業の際に受付・会場案内などボランティアで支援してくださっている団体です。

〜「北見芸術文化ホール・ボランティア友の会」の活動をご紹介します。〜

  平成10年2月の北見芸術文化ホール(愛称:きた・アート21)開館に先だってホールボランティアを募ったところ61名の応募がありました。平成9年12月5日に「北見芸術文化ホール・ボランティア友の会」として発足し、以後北見芸術文化ホールの各種自主文化事業を支えるため市民ボランティアの形で活動を行っています。

□ 北見芸術文化ホール・ボランティア友の会の活動の紹介 □

平成29年12月9日 東京ブラススタイルの皆さんとの交流写真
 
 北見芸術文化ホール・ボランティア友の会々則に、『芸術文化に広く関心を持つ人々によって構成され、北見芸術文化ホールの支援を通して、会員相互の交流を深めることにより、芸術文化の振興に寄与することを目的とする』とあります。北見市、北見市教育委員会が主催するコンサート、演劇、寄席といった催し物の市民協働の形態として、受付、会場案内、クローク、会場アナウンスのほかビュッフェのコーヒー・軽食サービスなどの活動を行っています。ホールに来ていただいたお客様に「最高の笑顔で、気持ちよく鑑賞していただく」を目標としています。また、会員の資質向上を目指し、接客技術講習会の実施、他自治体総合文化施設を訪れての研修会(施設見学会・ホールボランティア等との交流・事業の鑑賞)のほか、友の会通信「ハーモニー」の発行を通して会員相互の交流と絆を深めています。


□ 開館20周年・友の会結成20周年記念事業 □

 平成3037日(水)開館20周年記念並びに、ボランティア友の会結成20周年記念事業として北見市、北見市教育委員会、友の会の共催で「奥村愛・トリオコンサート」が開催されました。親しみやすい構成と自然体なトークで約2時間あっという間のとても楽しいコンサートでした。オーケストラとは違うヴァイオリン、ピアノ、チェロそれぞれの生の音が心に響きました。アンケートには素晴らしい、感動した、大変満足、肩の凝らない楽しいクラシックなどなど、87.7%の方が良かった、大変良かったと回答してくださいました。

     
    平成30年3月7日奥村さん、加藤さん、小川さんとの交流写真            制作:村上氏


□ 平成29年度施設見学研修会 □
 ボランティア友の会では、毎年度会員の資質向上のために他施設を訪問する施設見学会を実施してます。平成29年度の研修として、札幌コンサートホール“Kitara”にて、「TSUKEMEN LIVE 2017」を会員19名が鑑賞してきました。

・・「TSUKEMEN」結成は2008年。全員音大出身。クラシックでもポピュラーでもない全曲オリジナルの生音にこだわったLIVEを体験し、Kitaraのプロの会場スタッフの仕事に触れてきました。


□ 北見芸術文化ホール・ボランティア友の会 ホール・ボランティア募集 終了 □


制作:村上氏


トップページへ

フッタ
お問合せは TEL 0157-31-0909 へ