北見芸術文化ホール > ボランティア友の会

北見芸術文化ホールボランティア友の会

北見芸術文化ホ−ルの開館とほぼ同時期に発足した「北見芸術文化ホールボランティア友の会」は当ホールの自主文化事業の際に受付・会場案内などをボランティアで支援してくださっている団体です。

〜「北見芸術文化ホールボランティア友の会」の活動をご紹介します。〜

  平成10年2月の北見芸術文化ホール(愛称:きた・アート21)
開館に先だってホールボランティアを募ったところ61名の応募がありました。平成9年12月5日に「北見芸術文化ホールボランティア友の会」として発足し、以後北見芸術文化ホールの各種自主文化事業を支えるため市民ボランティアの形で活動を行っています。

□ 北見芸術文化ホール「ボランティア友の会」の活動の紹介 □

  北見芸術文化ホールボランティア友の会々則に、会員相互が広く芸術文化に関心をもち、個々の交流を深め北見芸術文化ホールの支援を通して芸術文化の振興に寄与するとあります。
  北見市主催のコンサート、演劇、寄席といった催し物の市民協働の形態として、受付、会場案内、クローク、会場アナウンスの活動のほかビュッフェのコーヒー・軽食サービスなどがあります。
 ホールに来ていただいたお客様に「最高の笑顔で、気持ちよく鑑賞していただく」を目標として活動しています。
  また、会員の資質向上を目指し、接客技術講習会の実施、他自治体総合文化施設を訪れての研修会(施設見学会・ホールボランティア等との交流・事業の鑑賞)のほか、友の会通信「ハーモニー」の発行を通して会員相互の交流と絆を深めています。

      
H26 札響スプリングコンサート

□ 開館10周年・友の会結成10周年記念事業 □

 平成20522日、開館10周年記念並びににボランティア友の会結成10周年記念の事業として、友の会、北見市、北見市教委の共催で「川畠成道ヴァイオリンリサイタル」を開催いたしました。前年9月、湧別町文化センター・さざ波にての施設見学研修会が「川畠成道ヴァイオリンリサイタル」でした。この時の川畠成道さんの素晴らしい演奏に接し、 是非北見市でも演奏会をとの会員の熱い願いが結実し記念リサイタルの開催が実現しました。


□ 大空町・北見市合同ホールボランティア接客業務講習会の開催 □
  大空町教育会館アート・ボランティアクラブさんは、平成19年に発足され多少の活動範囲の違いはありますが、住民の声を行政に反映させながら芸術・文化を豊かにしていくという同じ目標をもって活動しています。
  今回は二つのホールボランティア組織が合同で、接客業務の基本を学ぶための講習会を、芸術文化ホールで開催しました。 大空町教育会館アート・ボランティアクラブさんから6名、北見芸術文化ホールボランティア友の会19名の計25名の参加がありました。この講習会では、基本重視の接客業務の全般を学び合いました。接客の心得、身だしなみと動作の確認、お辞儀の仕方、挨拶、言葉遣い、チケットもぎりのポイント、プログラムの渡し方など受付、会場業務の確認、ビュッフェ業務確認、アナウンス、ケータリング、花束贈呈の確認をしました。
  両組織とも日頃の活動内容を見直し、改めて基本に立ち返る事ができるなど研鑽しあい楽しい有意義な時間を共有出来ました。



受付係の実習
平成25年9月29日(日)
北見芸術文化ホール多目的室

□ 平成26年度施設見学研修会 □

ボランティア友の会では、毎年度会員の資質向上のために他施設を訪問する施設見学会を実施しています。平成26年度の研修として、中標津町総合文化会館で(一財)中標津町文化スポーツ振興財団主催の「松竹大歌舞伎」を会員29名が鑑賞・研修してきました。
 日頃、鑑賞機会に恵まれない歌舞伎の地方巡業、人間国宝の中村吉右衛門さんの演技に接し感動の一日となりました。


トップページへ

フッタ
お問合せは TEL 0157-31-0909 へ